加齢黄斑変性症の治療に利用される点眼薬

黄斑変性症は血管新生が出始めると不可逆的な障害が急激に起きるため、速やかに眼球への注射やレーザー治療などを行う必要が出てきます。

 

しかしそうでなければ、血管新生が起こらないように予防に努めることで、大がかりな治療を行わなくても様子を見ることが可能です。そして、軽度の場合は点眼薬をさすだけで十分なケースも少なくありません。

 

黄斑変性症の治療に使われる点眼薬として、注射薬に使われる薬剤と同じ抗血管新生薬(抗VEGF薬)があります。

 

これを点眼に用いようという試みはまだ歴史が浅いですが、いくつかの薬が十分な実績を得ています。効果自体は確実ですが、予防に用いるにはやや副作用の問題もありますし、費用も高めですので、新生血管はまだ見られないがやや進んでいる黄斑変性症に用いられることが多いです。

 

また、やや間接的な治療薬になりますが、眼圧を下げるためのプロスタグランジン系点眼薬やβ阻害薬なども用いられます。

 

高眼圧が黄斑変性症を進行させるということもありますし、逆に黄斑変性症が眼圧をあげて他の眼病を引き起こすということもあるため、それらの予防のためには便利な点眼薬です。

 

他にも、より身近な目に酸素を送り込んだり乾燥を防いだりといった、市販の目薬に近い点眼薬も処方されることがあります。

 

ごく軽度で急激に進行する兆候のない場合は、生活習慣を改善した上でそのような目薬をさすだけでも進行を十分に遅らせることができます。