ブルーライトが加齢黄斑変性症の原因に?パソコン・スマホのしすぎに注意!

近年では電子機器の普及により、ブルーライトの害が取りざたされるようになりました。ブルーライトとはパソコンやスマートフォンのモニターから発せられている、光の中でも青色に近い高周波帯の光を指す言葉です。

 

ブルーライトを発するのはこれらの電子機器のモニタに限りませんが、モニタは特にブルーライトの量が多いことから問題視されるようになってきています。そして、ブルーライトは黄斑変性症の誘因の一つにもなるのです。

 

ブルーライトは可視光線の中で最も高エネルギー帯の光であり、太陽光など全ての自然光にも含まれています。

 

しかしパソコンなどの画面では、一般的に白や青側の色が視認性が高いため、背景色もしくは文字色のどちらかに使われることが多く、また特に日本ではカラーバランスが青色に傾いた色味が好まれることもあり、パソコン・スマホの画面からかなりの量のブルーライトが発せられています。

 

そしてブルーライトはそのエネルギーの高さから、照射された部位に与える物理的な影響が強く、黄斑部は常にその影響を受けることとなってしまいます。当然、それが黄斑変性症を含む病変の原因にもなり得るのです。

 

今ではパソコンやスマホを完全に捨てられる人は少ないでしょうが、しかしながら目の健康を考えるならばモニタを凝視する時間は制限しなければなりません。また長時間画面を見続けるのが最もよくありませんから、適度に休憩を取り外を見るなどして目を休めましょう。