加齢黄斑変性症治療マニュアル

 

加齢黄斑変性症とは?原因・症状は?

 

黄斑変性症とは加齢黄斑変性とも呼ばれ、文字通り加齢による黄斑部の変性を伴う病変です。目に全く異常がなくても加齢によって黄斑部の変性・異常は少しずつ現れうるものですが、現代型の生活スタイル・食生活・嗜好品などによって病変の進行が早まっているとともに低年齢化も進んでいるため、単なる老化現象としてではなく予防が必要な眼病の一つとして扱われるようになってきています。

 

黄斑部とは視覚を担う最も重要な部位であり、特に物体やその動きを認識するために黄斑部が中心となって働く最も敏感な部位です。

 

従って、黄斑部に変性が起きると速やかに視界の異常や視力変調が起き、他の眼病と比較して初期から自覚症状が生じやすいのが特徴です。

 

具体的な症状としては、ものがゆがんで見える変視症が特徴的です。黄斑変性症は片目のみ発症することが普通ですから、片目のみの視界がゆがむことで視覚の異常に気づきやすく、変視症の訴えで病院を訪れて黄斑変性症が発覚するのが一般的です。

 

しかしそのシグナルを無視し続けていると、やがて黄斑部の変性が進むとともに血管新生などが起こり、視神経が大きく傷ついて極度の視力低下や視野欠損、最終的には完全な失明になることも少なくありません。

 

黄斑変性症の眼球組織に起こる変性は不可逆的なものですので、とにかく早期治療が重要です。もちろん予防も重要であり、そのためには黄斑変性症について知り、どのような対策を取る必要があるのかを知りましょう。

 

お酒の飲み過ぎは加齢黄斑変性症の原因になる?
ブルーライトが加齢黄斑変性症の原因に?パソコン・スマホのしすぎに注意!

 

加齢黄斑変性症の検査内容、セルフチェック方法は?

 

黄斑変性症の特徴的な自覚症状は変視症であり、たまたま両目とも黄斑変性症が同時に発生したということでもない限り片目のみに変視症が現れるため、黄斑変性症をセルフチェックするには片目ずつ変視症がないか調べるのが有効です。

 

変視症とは視界にゆがみが現れる現象であり、文字通り直線が波を打って見えたり、波を打つ部分が顔の向きによって変わったりするため、注意して調べれば自分でも判断は難しくありません。

 

しかし人間の視覚を処理する脳の部位はきわめて高度であり、片目が正常であればもう片目からの入力が異常であっても、正常な目から得られた情報を元に補正をかけてしまうため、両目で見ている限りは意外と変視症に気づけないことがあります。これは片目の視野欠損などでも同じことが言え、必ず片目ずつチェックを行わなければなりません。

 

病院での検査では、問診によって今述べたような変視症の自覚症状がないかどうかを確認し、その上で視力検査や眼底検査などの基礎的な検査を行い、異常がありそうであれば造影剤を用いたり断面の撮影を行うなど、より精密に検査を行います。

 

健康診断やドックなどでも視力検査と眼底検査は行われますが、そのときに黄斑変性症に関する所見が発見されることもあります。

 

健康診断において眼底検査の結果は軽視されがちですが、黄斑変性症の早期発見のためには健康診断の眼底検査の結果は軽視してはなりません。

 

加齢黄斑変性症の治療法

 

黄斑変性症は現代型の生活習慣によって進行が早まっているとはいえ、基本的には老化現象の一種であるため、誰にでも起こる可能性はあります。

 

そのため、いかにして黄斑変性症を治療・対策するかが重要です。では、治療法としてどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、黄斑変性症による血管新生を防ぐために抗血管新生薬療法が一般的に行われています。黄斑部が変性により虚血・酸欠状態となると、必要な栄養や酸素を取り込もうと新しい血管を作り始めます。

 

この血管は本来の毛細血管よりもずっと太くて硬く、血管が目の機能を邪魔したり神経を傷つけることがままあり、血管新生が失明の直接の原因となることも多い重大な病変ですので、まずは薬で血管新生を防ぐこととなります。

 

光線力学的療法は比較的新しい治療法で、病変部に直接的にレーザー光を照射することによって新生血管を閉じさせたり病変部を焼いたりします。

 

ピンポイントでの治療が行えるため正常部位への影響が少なく、適切なレーザー照射さえ行えれば血管新生による視神経への影響を即座にストップすることができます。

 

上記二つは病変が進行してしまった場合に行われる治療法ですが、本来ならばそうなる前に黄斑変性症の進行抑制・予防を行えればベストです。

 

そのためにはサプリメントを摂取しておくことが重要で、軽度の黄斑変性症の治療法としてもルテインサプリメントなどは広く用いられており、確かな実績もあります。

 

抗血管新生薬療法とは?費用・効果・期間は?

 

抗血管新生薬療法とは、読んで字のごとく血管新生を阻害する薬を用いて、黄斑変性症の血管新生による目へのダメージを防ぐ治療法です。

 

現在の黄斑変性症治療の主流がこの抗血管新生薬療法であり、一定以上に進行した黄斑変性症があるならば第一選択肢としてこの治療法が考慮されることになるでしょう。

 

抗血管新生薬療法は目に直接注射することで薬剤を注入し、局地的に血管新生を阻害することになります。

 

効果は高く、未治療の状態では視力低下がハイペースで進行している人のほぼすべてが、抗血管新生薬療法の開始によって視力低下に歯止めがかかっており、また低くない割合で視力のある程度の回復も見られます。

 

抗血管新生薬療法の最大の問題は費用です。薬の効果は1ヶ月弱しか持続しないため、およそ4週間に1度の注射が必要となり、3割負担であっても注射1回あたり20,000円以上かかるのが普通です。

 

一度に大金がかかる手術などとは異なり毎月数万円の費用が継続的にかかるため、1ヶ月あたりの高額医療費に対して補助が受けられる高額療養費制度も適用されないことが多く、経済的に大きな負担となります。

 

薬の種類によってはおよそ1ヶ月半(6週間)ごとの注射となる薬などもありますが、いずれにしても費用面での負担が大きいことが最大のネックとなります。眼球への注射となりますが、入院などは必要なく、基本的に日帰りでの治療が可能です。

 

光線力学的療法とは?費用・効果・期間は?

 

抗血管新生薬療法が薬剤の効果によって血管新生が起ころうとする働きを阻害するのに対し、レーザー光を照射し物理的に血管新生を止めたり不必要な血管を焼きつぶしたりするのが光線力学的療法(PDT)です。

 

この治療法では新生血管を物理的に対処することで眼球における重大な病変の進行(視神経損傷やそれによる失明)を高確率で防ぐことができ、確実な治療法の一つとされていますが、積極的に失われた視力を回復させる治療法ではありません。

 

光線力学的療法は単に眼球の一部を直接焼くのではなく、まず光との反応性が強い注射薬を注射します。

 

この薬剤は新生血管に集まる性質を持つものが使われ、黄斑部の新生血管に薬剤が集まってきた頃合いを見てレーザー照射を行い、新生血管を閉塞させます。これを数ヶ月ごとに効果のほどを見ながら繰り返し、平均では3〜4回の治療によって血管新生の進行は完全にストップします。

 

レーザー照射の前に注射する薬は日光などにも反応してしまうため、薬が抜けるまでは入院しながら経過観察を行う必要があり、保険適用での治療では48時間の入院が必須とされています。

 

そして入院費用も含めると3割負担では1回あたり20万円近くの医療費が必要となりますが、こちらは1回の請求が高額であるために高額医療費制度の適用となりやすいため、事前に制度について確認しておくべきです。

 

また基本的には、数回の施術によってそのときの新生血管については完全に閉塞し、その後の治療は必要ないのが基本です。もちろん、光線力学的療法の施術後に新たにできた新生血管はその限りではありません。

 

加齢黄斑変性症の予防に良い栄養、食べ物
加齢黄斑変性症の進行を遅らせるために適度な運動が良い

 

加齢黄斑変性症にどんなサプリメントが良いのか?

 

黄斑変性症の治療はこの通り大がかりなものとなり、費用も高額となってしまいます。一定以上に進行し血管新生が始まるとこのような大がかりな治療を取らざるを得なくなりますが、本来はそうなる前に対処したり予防に努めるのが理想的です。そして、そのためにはサプリメントの利用が効果的です。

 

目に良いとされるサプリメントは数多くあり、黄斑変性症が目の老化現象の一形態である以上は目への刺激・負担を防ぐすべての成分が有用なのですが、特に注目されるのがルテインです。

 

ルテインは目の組織を守り、目の毛細血管の健康を保って血流を維持し、さらには高エネルギーな光を吸収し目への刺激を肩代わりする色素でもあります。そのような特性上、黄斑部の健康には特に関連の深い栄養素です。

 

ルテインは元々人間の目の奥に存在している色素であり、目への光ダメージの保護や抗酸化作用など重要な役割をいくつも担いますが、その一方で人間はこのルテインを生合成できず、加齢によって体内量は減少する一方であるため、経口での摂取が必要になります。

 

しかしながらルテインを多く含む自然素材はマリーゴールドの花びらなど、一般的な食材とはされないものが多いため、食事での摂取は難しいのです。そのため、ルテインサプリメントが目の健康のために重宝されています。

 

ルテインの他にもアントシアニンやゼアキサンチンなどの目に有用な栄養素を総合的に配合したアイケアサプリも多いため、ルテインベースの高品質なサプリメントが黄斑変性症の予防・改善にはおすすめです。

 

加齢黄斑変性症サプリメント一覧